○小豆島中央病院企業団職員表彰規程

令和3年2月1日

企業管理規程第4号

(目的)

第1条 この規程は、企業団の運営に寄与し、又は衆人の模範と認められる行為があった職員(小豆島中央病院企業団職の設置に関する規程(平成28年小豆島中央病院企業団企業管理規程第3号)第2条及び第3条に規定する職員をいう。)を表彰し、地域医療の確立及び医療水準の向上を図り、住民の福祉の増進に貢献することを目的とする。

(表彰を受ける者)

第2条 表彰は、次の各号のいずれかに該当する職員に対して行う。

(1) 社会的に有益な発明、発見又は顕著な改良をした者

(2) 身の危険を顧みず職務を遂行した者

(3) 災害・事故を未然に防止し、又は災害・事故に際して特に功労のあった者

(4) 職務に熟達し、献身的な努力をもって精励した者

(5) 職員としての模範となるような善行をした者

(6) その他表彰に値するものと認められた者

(表彰の方法)

第3条 表彰は、企業長が表彰状を授与して行う。

2 表彰には、副賞として記念品等を添えることがある。

(表彰の時期)

第4条 表彰は、必要に応じて適宜行うこととする。

(退職又は死亡した者の表彰)

第5条 表彰を受けるべき者が表彰前に退職をし、又は死亡したときは、在職又は生前の日付にさかのぼってこれを表彰することがある。

2 前項の規定により死亡した者に対して表彰を行う場合においては、表彰状及び副賞は、これをその者の遺族に交付するものとする。

(その他)

第6条 この規程の施行に関し必要な事項は、別に定める。

附 則

この規程は、公布の日から施行する。

小豆島中央病院企業団職員表彰規程

令和3年2月1日 企業管理規程第4号

(令和3年2月1日施行)